インテリア

購入するより得な場合も

水槽

アクアリウムを楽しんでいる方なら大きな水槽を購入する方も居るでしょう。水槽は思っている以上に高く、購入よりはリースのほうがお得に準備できることがあります。またメンテナンスが無料で受けられる場合もあり安心できます。

Read more...

選び方のポイント

インテリア

水槽選びの方法としてリースを活用して手に入れるという方法があります。リースを活用する時はリース会社と契約が必要ですが、選び方のポイントとして料金やメンテナンスの有無、またサービス品質の高さなどがあります。

Read more...

リースとレンタルの差

インテリア

水槽のレンタルとリースの違いはまず初期費用があります。リースは長期的使用を想定しているため初期費用を安くしやすく中には無料の場合もあります。レンタルの場合は短期間の利用になり、手軽な一方で初期費用が高い傾向があります。

Read more...

規格と種類を知る

水槽

初めて水槽をリースしてアクアリウムを導入するという場合はまず水槽の種類をしっかりと理解しておきたいでしょう。まず水槽は大別するとアクリル製とガラス製に分けることが出来ます。全てガラス製と思っている方も多いかもしれませんが、水族館レベルまで大きくならないとガラスの厚みを増すことは難しくなり、大きさが大きくなればなるほど割れにくいアクリル製が用いられます。ガラスとアクリルはまず割れにくさの違いがありますが、その他にガラス製は透明度が高くよりクリアに見ることが出来る特長を持っています。その一方でガラスは規格で販売されているため自由なサイズの水槽を選ぶことは出来ないという特長もあります。また、圧力による耐久性が低いため高さに制限があり、あまりにも高くなるとガラスでは対応できなくなってしまいます。一方アクリル製の場合は透明度こそガラスに及びませんが、耐久性は高く、また成形加工が比較的簡単なため一体成形といった特殊な水槽を購入することも可能になります。また高さに制限がなく、割れにくいため扱いやすいという特徴もあります。しかしガラスほどの表面のツルツルはないため傷が付きやすく、またその傷が目立ちやすいという特長もあります。
リース会社でもガラス製とアクリル製の水槽を選ぶことができますが、割れる危険性をなるべく低くする必要があるのであればアクリル製を選んでみるのもいいでしょう。水槽には規格が存在し、水槽に取り付ける証明などは全てこの規格に対応した形で販売されています。まず一般的に用いられるサイズが45cm規格と呼ばれているサイズで、縦横高さ全てが45cmの水槽になります。60cm規格などは縦横高さが45×60×45で、横長に長い水槽になります。他に90cm規格や120cm規格、更に一番大きい180cm規格などがあり、これらは全て規格水槽と呼ばれています。180cm規格より大きくなるとオーダーという形になり、リースでは対応できない場合が多いです。大きくなればなるほどダイナミックな水槽を楽しむことが出来ますが、それなりに高いリース費用がかかり、またメンテナンスや設置場所も考える必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright ©2015 買うと高い水槽はリースが賢い選択~小さな海アクアリウムの始め方 All Rights Reserved.